不動産投資によって得られる利点

不動産投資の代表的な魅力は、家賃という月ごとの安定感がある不労所得を手にできる点にあると言えます。
それに加えて、銀行の金利の水準につきましては超低金利時代といわれており、僅かでも高い利率の投資対象を切望する人が数多くいらっしゃるでしょう。
株式投資、あるいはFXそれから、外貨預金といった投資商品では、ハイリターンを手にできる一方で、ハイリスクの商品といえます。
それらと照らし合わせると、不動産投資に関しては住居の家賃収入によりまして安定して高い利回りを手にできる点がメリットといえるでしょう。
とりわけ首都圏のワンルームマンションに関しては安定していまして、5%くらいの利回りが望めます。
その他に、相続、あるいは贈与の税金はとても大きな負担になります。
とりわけ現金、あるいは有価証券に関しましては、時価に対しまして課税対象となっているため額も高額になります。
しかしながら、不動産の相続、あるいは贈与のケースでは、固定資産台帳、あるいは路線価などからはじき出した評価に対しまして課税となるので、税金を少なくできます。